標準性能 & 選べる工法

Method

家族の安心と安全を考えた耐震住宅

マイトレジャーでは圧倒的な耐震性能と暮らしを快適にする高断熱性能を併せ持つ
”コーチパネル”をすべての家に標準装備しています。
また、お客様にベストな工法をお選びすることで
「こんな間取りにしたい!」のご希望を叶えながら、末長く住まいの安心と安全を支え続けます。

無料まずはカタログを取り寄せる

会社案内をはじめ、
マイトレジャーこだわりの家づくりについて、
情報がつまった資料をお送りします。

カタログイメージ 資料請求はこちらから
カタログイメージ

標準性能 & 選べる工法

高耐震パネル『コーチパネル』

建築基準法規定の壁倍率の4.8倍に相当する「強さ」が
「コーチパネル」最大の特徴です。
従来工法の約2倍以上の耐力と約1.6倍以上のねばりで
地震などによる横からの強い力にも
耐えることができます。

高耐震パネル『コーチパネル』
コーチパネルのイメージ

日本に暮らすという事は、
大地震【余震】と向き合うこと。

ほぼ毎日、日本のどこかで地震が発生しています。
そして大地震の後には必ず繰り返し余震が発生します。
すなわち大地震から家を守る為には、繰り返す余震にも耐える家でなければいけません。
『コーチパネル』は現在の建築基準法を大きく上回る耐震性能で、安心の暮らしを実現します。

ご存知ですか?
大地震の後2年以内に
半数以上が建て替えるか
更地にしています

『建物がどのくらいの地震に耐えられるか?』の目安になる指標として『3段階の耐震等級』が用いられます。
最もレベルが高いのが耐震等級3ですが、地震大国日本において十分と言えるのでしょうか?
現在の建築基準法=『震度6強の地震1回に対して傾きはしても倒壊しない』という考え方です。
すなわち【大きな地震に耐えられるものの、繰り返す余震に耐えられる基準では無い】ということです。

耐震等級3であれば倒壊、崩壊は免れ、素早く避難することで家族の命を守ることができますが、
避難先での長期的な生活(精神的負担・感染リスク)に巻き込まれることも想定しておく
必要があるのではないでしょうか?

家を建てないという選択肢もありますが、今お住まいの賃貸住宅は地震に耐え続けられますか?
家族を地震後の生活において守ることができますか?
『安心した暮らしを継続』するための住まいについてマイトレジャーにご相談ください。

『コーチパネル』の耐震性能

『コーチパネル』の耐震性能をイメージした画像
震度7の揺れを連続で与えた際の耐震壁の剛性低下率のグラフ

一般的な木造住宅には『片筋交い』『大壁直貼』が用いられます。余震に耐える為には耐力壁の剛性が最も重要です。

剛性とは『曲げやねじれの力に対する寸法変化のしづらさの度合いのこと』です。一般的な木造住宅は繰り返す余震がある度に剛性が低下していき、曲げやねじれが起こりやすくなっていきます。実際に震度7の揺れを繰り返し与えて検証したところ、片筋交いは2回目で倒壊。大壁直貼は3回目で倒壊しました。

コーチパネルは4回与えた後も変形、損傷は一切ありませんでした。コーチパネルが強い理由は剛性低下率=強さの低下率が少ないことです。

個体差のない設計通りの強さ・徹底した工場生産、工場品質

今までは当たり前に職人の技量によって作り上げてきた木造住宅。人の手でつくると、どうしても生まれてしまう僅かな誤差。この誤差が耐震性能、断熱性能を下げる大きな要因になります。 最新の設備を導入した認定工場で生産することで、高品質で高耐久な個体差の無い設計通りの強さを実現しています。ご家族の暮らしを長く支える重要部材だからこそ、工場生産でしか実現できない精密品質を追求しています。命に関わる主要構造部であれば、僅かな狂いもなく設計通りでなければいけないのです。

個体差のない設計通りの強さ・徹底した工場生産、工場品質のイメージ 個体差のない設計通りの強さ・徹底した工場生産、工場品質のイメージ

【Wallstat】ウォールスタット
耐震等級3の耐震シミュレーション【綾瀬モデルハウス】

【Wallstat】ウォールスタットとは木造軸組工法を対象とする数値解析ソフトウェアです。京都大学生存圏研究所、国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、東京大学大学院での開発者の研究成果を元に製作しております。

世界最高レベルの断熱材 ネオマフォーム

高い断熱性能

ネオマフォームは、世界最高レベルの熱伝導率(0.02W/m・k)を誇ります。
その秘密は、100ミクロン未満の極めて微細な気泡構造にあります。

同じ断熱性能の場合の厚さを比較したグラフ

長期性能維持

ネオマフォームは、他の発泡系断熱材に比べ断トツで長期的に性能維持します。
その秘密は、フェノール樹脂の高いガスバリア性と独立気泡率の高さ(94〜95%)にあります。

ネオマフォーム断面の拡大図

安全性(燃えにくい)

ネオマフォームは、発泡プラスチック系素材です。炎を当てても炭化するだけで燃え広がることはありません。

ネオマフォームに炎を当てて表面だけが炭化している写真

内部結露に強い

ネオマフォームは、湿気の通しにくい断熱材のため、壁体内結露の防止策に最適です。室内側の防湿層の施工は不要です。

工場生産による気密性

断熱材は施工が命です。どんなに良い素材を使っても隙間ができては意味がありません。
コーチパネルは断熱材まで工場生産により納品されるため、高い気密性・品質の均一化を実現します。

コーチパネルの壁断面図

耐震性『耐震等級3』

マイトレジャーでは建築基準法に基づくランクの
最高等級である「耐震等級3」を標準装備としています。
これは阪神・淡路大震災相当の地震の1.5倍の力に
大しても倒壊しないレベルを表しています。

耐震性『耐震等級3』
建築基準法からみる耐震等級3の安心

建築基準法からみる
耐震等級3の安心

耐震等級は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の基準です。
法律に準じたハイレベルの住まいをご提供することもマイトレジャーの使命と考えています。

制震装置『MAMORY』

マイトレジャーでは、大手ハウスメーカーの住宅や
熊本城の修復など歴史的建造物にも選ばれる、
「MAMORY」という制震ダンパーをオプションで追加することができます。
地震などの自然災害への耐久効果が長く、
メンテナンスも必要ありません。

制震装置『MAMORY』
耐震に制震を加えた相乗効果で安心・安全をパワーアップ!

耐震に制震を加えた相乗効果で
安心・安全をパワーアップ!

MAMORYは、地震の揺れに対して「耐える」耐震に加え、特殊なゴムで揺れを熱に変換して振動を「吸収する」制震も備えています。
加えて、MAMORYは設計の自由度が高く、施工しやすいのも特徴で住まいのデザインや間取りなどに制限をかけることなく取りつけることができます。

『テクノストラクチャー工法』

地震や強風で家が揺れたり、寒い地域では積雪量で雪の重さが
家に加わった時の自然災害が家にどんな負担をもたらすのか、
予めコンピューター上でシミュレーション。
様々な環境や条件をカテゴリー分けし、
一棟ごとの強さをチェックする全288項目の徹底された構造計算が
安全・安心を保証します。

『テクノストラクチャー工法』
テクノストラクチャー工法が広げる間取りの可能性

テクノストラクチャー工法が
広げる
間取りの可能性

柱が少なくても強い強度が保てる『テクノストラクチャー工法』だから大空間や吹き抜けを可能にし、リビングをはじめ自由度の高い空間を実現できます。
構造は強く、間取りは柔軟に、末永く安心して暮らせる住まいでお客様の臨むライフスタイルをご提供します。

土地の個性形状と
お客様のご希望から
“オンリーワンセレクト”を
ご提案します

「こんな家に住みたい」というイメージから具体的な間取りや玄関の方向、
バルコニーの広さなどご要望をお聞かせください。
お客様のニーズと建築予定地から、テクノストラクチャーで全288項目の徹底した構造計算済の豊富なプランから、
お客様にピッタリのオンリーワンセレクトをマイトレジャーがご提案いたします。

close