モデルハウス秦野

「テクノストラクチャー工法」なら、家族が安心して過ごせる家をカタチにし、
可能性広がる自由設計で心地良い住空間を実現できます。

基礎から安心できる家づくりを考えるマイトレジャーは、パナソニックが開発した「テクノストラクチャー工法」を採用し、
安全で永く、そして心地よく住める「大空間リビングがある家づくり」を実現しました。
「テクノストラクチャー工法」とは、木と鉄の複合梁「テクノビーム」を使用した高い強度を持つ、高耐震性と高耐久性のある木造工法。
また、少ない柱数で大空間を可能にし、自由度の高い設計もできる工法です。

「テクノストラクチャー工法」の魅力。

  • 全388項目の徹底された構造計算が安全・安心を保証

    イメージ画像 地震や強風で家が揺れたり、寒い地域では積雪量で雪の重さが家に加わった時の自然災害が家にどんな負担をもたらすのか、予めコンピューター上でシミュレーション。様々な環境や条件をカテゴリー分けし、一棟ごとの強さをチェックする構造計算。「テクノストラクチャー工法」では、通常の項目よりも更に厳しい388項目(※)をクリアした、確かな安全と安心が保証されています。(※多雪区域では440項目)

  • 木造住宅をより強く安全にするテクノビームを採用
    イメージ画像

    日本人が好む木造住宅の強度をより高めたく開発されたのが「テクノストラクチャー工法」である。この工法には木と鉄を複合した「テクノビーム」と呼ばれる梁を使います。また柱との接合に金具を使い、家の骨組みの強度を確保。この強度が耐震性を高められるのです。

  • 大空間、高い天井高や吹抜、自由な間取を実現
    イメージ写真

    「テクノビーム」で高い強度が出せる木造工法だから柱数を抑えられ大空間や吹抜など間取りの可能性が広がります。建築コストの低減や減価償却期間の短縮など、コスト面や税金面のコストメリットも大きく、建物・費用面でもうれしい家づくりが実現できます。


「テクノストラクチャー工法」の実力。

イメージ写真

実験は「テクノストラクチャー工法」で作られた実物大の住宅に、震度7の揺れを5回加えた耐震実験です。これは阪神・淡路大震災(震度7相当)と同じ地震波で振動させた実験となり、実験する住宅は現実的な間取りとし、あえて厳しい条件としています。この結果、主要構造体には損傷や変形が見られなく、強度が実証されました。自然災害は予期せぬ状態で発生します。そのため特に地震の多い日本では、繰り返す揺れに対応できる住宅が求められています。